Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archives

Categories

Search


10/28(sun)の赤坂蚤の市よりイベント会場でのクレジットカード決済をご利用いただけます!

10/28の赤坂蚤の市よりSquareを導入致します。
これまでイベント会場ではクレジットカードをご利用いただけませんでしたが、今後は以下のクレジットカードブランドをご利用いただけます。
(VISA/MasterCard/American Express)

近年、ズニ族やナバホ族の居留地でもSquareを導入する仲間が増え、現地での買い付けもかなり便利になりました。
屋外のマーケットも変わりつつあるなーと思い、遅ればせながらSUNDAY MARCH 30でも導入することにしました。

イベント会場でしか取り扱っていないベルトや、オンラインショップにアップする前の商品など、全てのアイテムをクレジットカードでお買い物いただけますのでぜひご利用ください!

オンラインショップもイベントも少しずつではありますが、より身近に感じていただけるようこれからも改善してまいります。
さて、今月の赤坂蚤の市は半年に一度のスペシャル回です!
特別出店者はこちらよりぜひ事前にチェックを。
http://arkhills.com/events/2018/10/003689.html

▼赤坂蚤の市 in アークヒルズ▼
日時:2018/10/28(sun) 11:00-17:00
↑スペシャル回ですが、開催時間はいつもどおりです。
会場:アークカラヤン広場
住所:東京都港区赤坂1-12-32
最寄駅:六本木一丁目駅3番出口より徒歩1分
溜池山王駅13番出口より徒歩1分

ありがとう5周年!

2018/10/13。
SUNDAY MARCH 30はおかげさまで5周年を迎えることができました。

毎年この時期になるとお店をオープンした頃のわくわく感が蘇り、1ミリの不安もなくテンションの振り切れそうなほど舞い上がっていた当時のわたしを少しはずかしい気持ちで思い出します。
去年の10/13はたしかアメリカで買い付け中で、初めて訪れたニューメキシコ州パイタウンでチェリーパイを食べてお祝いしたっけ。
今年はAfterhoursのケーキでお祝いしようと思います!

この5年間で、現地では力を貸してくれる友達が増え、
日本でも「いつも見てますよー」と声を掛けてくださるお客様が増え、
この1年はこの仕事をしていて辛いなーと思うことは一度もありませんでした。
これってすごいコトだと思うんです。
今わたしのまわりにいてくれるすべての優しい人たちに心から感謝しなくては。

毎年春、初夏、秋と3回の買い付けも随分慣れてきましたが、やっぱりSUNDAY MARCH 30はまだまだです。
経験も知識も全然足りない!
現地のインディアンたちの生活もまだまだ豊かとは言えないのが現状です。

さて、6年目のわたしには何ができるだろう。

ニューメキシコ州ズニの村で「あなたたちの高い技術で作られたジュエリーが大好きで、どうか絶やさずに製作してほしい」と一軒一軒ドアを叩いて訪ねること。
そして彼らの文化を思想を歴史をもっと深く正しく理解すること。
彼らから譲り受けた大切なジュエリーを日本のお客様に丁寧に提案すること。

とてもシンプルだけどこれが今のやるべき事!
お店を大きくしようとか、
フォロワーを増やそうとか、
もっとたくさんイベントに出ようとか
そんなことは興味ないんです。

わたし自身が一番好きでいられるお店を丁寧に作りながら、それを気に入っていただけるお客様がいてくれたらこんな幸せな事はありません。
何かのご縁があってSUNDAY MARCH 30を見つけてくださったお客様の毎日がインディアンジュエリーによってよりハッピーになっていたら最高です。
6年目もどうぞお付き合いいただけますように。

ビンテージナバホパール!!!

今日はオンラインショップにこちらをアップしました!

ナバホ族のアーティストによるビンテージナバホパールネックレス。

ここ最近の買い付けでかなり必死に探していたナバホパール。
ようやく納得のいくものが見つかりました。
実はもう少し小さい粒のネックレスが一点ありましたが、そちらはイベント会場でsold out!!!
というわけでオンラインショップにはこの一点のみ初登場です。



アリゾナ州プレスコットのアンティークショップで見つけこちら。
これまでなかなか納得のいくものがなかった、というわたしの話をお店のオーナーが聞いてくれて、これなら間違いないだろうとショーケース中から出してくれたものです。
買い付けの度に思うのは、現役のアーティストでオールハンドメイドのシルバー925のナバホパールを製作できる人はかなり少ないんじゃないかなということ。
良くも悪くも、今は流通が盛んなので既製品のシルバービーズ(ハンドメイドではない)を繋げただけのネックレスも現地ではたくさん売られています。
このナバホパールのネックレスはよく見ると、ワイヤーの代わりに何重にもツイストしたシルバーチェーンが使われていたり、フックを留める潰し玉には、見たことのないしっかりしたパーツが使われていたり、見れば見るほど丁寧に作られている事が分かります。

そのままでももちろん、Kevin Billahのナジャを合わせてもばっちりです!



これまでナバホパールネックレスを探していた方にぜひ!
インディアンジュエリーのおしゃれの幅が広がりますよー。
https://sundaymarch30.com

ズ二族のアーティストLucy Sheykaによるマルチカラーインレイネックレス

今日はオンラインショップにこちらをアップしました!

ズニ族のアーティストLucy Sheykaによるマルチカラーインレイネックレスです。
ズニの村で見つけた瞬間、ひゃっ!と声を上げてしまったかわいさ。
もちろん買い付けは初めてです。



ズニのネックレスではこの3つのパーツから成るタイプは定番なのですが、そのほとんどが直線のパーツが3つ連なったもの。
このネックレスが他のものと違うのはひとつひとつがちゃんとカーブしているところです!

首元にくるんとフィットしてくれるかわいいつくりになっています。



秋冬のお洋服って自然と地味になりがちですが、ジュエリーで色をプラスするならぜひこんなマルチカラーを!!
https://sundaymarch30.com

ズニ族の1950s-1960sビンテージインディアンチーフインレイボロタイ

今日はオンラインショップにこちらをアップしました。



このボロタイを見つけたのはアリゾナ州からニューメキシコ州へ向かう途中のWinslowという町。
この町はホピの居留地から近いこともありホピ族のジュエリーやカチーナを取り扱うトレーディングポストがいくつかあり、
フラッグスタッフからギャラップまでのロングドライブの休憩地点にはもってこいの立地です。

前回Winslowに立ち寄った時に、時間がなくて入れなかったギャラリーがいくつかあり今回こそは!と一番に訪れたのが ホピ族のアーティストLawrence Melendezがオーナーのこちら。

お店のドアのそばでコットンウッドを削りながらカチーナドールを製作中のLawrenceに声を掛けると、
せっかく来てくれたけど、明日からフラッグスタッフで開催するホピフェアのために店内のカチーナはすべて梱包してしまったとのこと。
あ、ほんとだ、お店の中空っぽだ。。。
カチーナはないけど良かったら見ていってねと言っていただいたので、お言葉に甘えて店内をうろうろ。

すると店内には大きなショーケースにぎっしりビンテージジュエリーがディスプレイされていました。
しかもわたし好みのものがたーくさん!!!
なぜここにズニやナバホのビンテージジュエリーがたくさん並んでいるのかと聞いてみたところ、
Winslowに住んでいる女友達のコレクション品を自分のお店で売ってあげているとのこと。
この女性はアメリカの各州で集めたインディアンジュエリーのコレクションを持っているらしく、いろんな町に住んだけどやっぱりWinslowがいい!ってことで、十数年ぶりにWinslowに戻ってきたんだって。

と、噂をしていたら、ちょうどそのコレクション主がやってきていろいろ話を聞かせてくれました。
インディアンジュエリーのコレクションはまだまだ家にたくさんあって、次回は直接家に来ていいよと言ってもらえたりして。
想像するだけで鼻血が出そうだ。

このボロタイは存在は知ってはいたのですが、実物を手にしたのは初めてです。
ここまで迷う理由がないアイテムはめずらしい!
現地でも話をしていたのですが、おそらく製作年代は1950〜60年代くらいだと思います。

その根拠は、以前ブログにも書いたかな、このボロタイに使われているスライドチップの型番にあります。
このスライドチップにはBENNET PAT PEND C-31という特許申請に使われた型番が入っているのですが、 これが作られたのが1950年代の半ばで、1960年代半ばにはこのパーツの”C31”というスタンプが使われていないことから、おそらくこの間に製作されたアイテムだと思います。




顔以外の部分は凹凸のないフラットインレイで、顔の部分のみ少しポコッと凹凸のあるレイズドインレイになっているところがポイントです。
しかもこのボロタイの先に付いているチップまでハンドメイドです。

現行品ではボロタイのパーツは既製品を使うアーティストが増えているので、ここまで全部ハンドメイドのボロタイは今となっては珍しい!
次回買い付けのお約束はできませんので、インディアンチーフのボロタイを探していた方にはぜひ手に取っていただきたい一点です。
https://sundaymarch30.com
12345>|next>>