Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archives

Categories

Search


ズニ族のビンテージマザーオブパールレイズドインレイフラワーボロタイ

今日はこちらをオンラインショップにアップしました!

おそらくアーティストはRodney Lasilooだと思います。
こちらを見つけたのはニューメキシコ州ギャラップにあるトレーディングポスト。
このボロタイを見つけた瞬間きゃっ!となり、見れば見るほどレアなことがわかり、How much is this? と聞いた時のオーナーの顔ったらない 笑。
「これ高いよ!」だって。
こうやって言うときは、だいたい売りたくない時!
こちらとしては、もう買うと決めているんだけど、このオーナーが高いよって言うアイテムはますます欲しくなってしまうんだよなー。

わたしもそうだけど、現地で長くトレーディングポストやってる人は毎日ありえないくらいたくさんのジュエリーを見てきているから、もう手に入らないアイテムをよーく知ってる。
この人たちの反応はいつも間違いないのです。
で、このボロタイの何がいいって、
まずはレイズドインレイの土台がまんまる、そしてマザーオブパールなところ。
レイズドインレイの土台はペンシェルが使われることが多いので、だいたいブラックかダークブラウンなのです。

マザーオブパールはツヤツヤで光が当たるたびにキラキラしていて、これを留めているシルバーのベゼルの形がまた珍しい!
ギザギザでもプレーンでもない、変わった形。

レザーの先に付いているチップはビンテージではなく新品を付けてもらいました。



コンディションも良く、デザインもかわいいボロタイはどう見ても女性のために作られたとしか思えない!
現地では男性がつけるボロタイですが、ぜひおしゃれっこの元にお届けしたい一点です。
http://sundaymarch30.com/?mode=cate&cbid=1607775&csid=0

5/27(SUN)は赤坂蚤の市に出店します!

いよいよ今週末!
今月の赤坂蚤の市はフェティッシュ祭りを開催しようと思います。

3月の買い付けでたくさん買い付けたズニ族の人々の製作するフェティッシュ。
フェティッシュってなーに?という方のために、簡単に説明を。。。

フェティッシュとは、ズニ族特有のお守りでジュエリーより歴史が深く1000年以上前から存在すると言われている動物の彫刻です。
ズニ族の人々にとってフェティッシュとは彼らが尊敬する動物や、カチーナ(精霊)を自然の中にあるもので象ったお守りなのです。
ターコイズやマーブルなどの鉱物や、杉の木やコットンウッド、鹿の角やナッツなど自然の中にあるものを使って作られるのが特徴です。

動物にはそれぞれ意味があって、その時に自分が必要とするパワーを持っている動物を選び、その属性を引き出すことができると考えられています。

と、いうとよく分からないかもしれませんが、例えばわたしはクマのフェティッシュが特に好きなのですが、
クマには”癒しやパワー”という意味があるんです。
病気療養中の友達や、心が弱っている友達にクマのフェティッシュを送ることがあります。

また、わたしにはどこに行くにも必ず持ち歩いているフェティッシュがあります。
これは、旅のお守りとしてお気に入りのバッグのポケットにいつも入れて持ち歩いているもの。
今持ち歩いているのは何代目だろ。
ズニ族の仲良しアーティストFaye Quandelacyが作ってくれたコーンメイデンのフェティッシュです。

フェティッシュは、持ち歩いても、ベッドサイドに置いてもOK!
それぞれの楽しみ方をぜひ見つけてください。

今回のラインナップの一部をちらり。
ズニ族のアーティストGeorgette Quam Lunaseeによるターコイズで作られたカエルフェティッシュ。9,800円 + tax
グラデーションがたまらないでしょ。



カエルには「雨を降らす、土地を豊かにする、豊かな」などの意味があります。

そして、こちらはズニ族のアーティストReynold Lunaseeによるアップルコーラルで作られたてんとう虫フェティッシュ。
5,800円 + tax / ピアスは8,800円 + tax
どちらも一点のみです。

なんとこのお二人ご夫婦でした!(知らずに買い付けてました)
この他にも、まだいい香りのするタグアナッツで作られたウサギ、アメリカンバイソン、冷やっとした手触りのソープストーンで作られたシロクマなど…
初めてのフェティッシュが盛りだくさん!!!

まずは5/27の赤坂蚤の市にてお披露目させていただき、オンラインショップには週明けにアップしていきます。
オンラインショップのアップ情報はいつもどおりTwitterにていち早くお知らせ致します。
アカウントがなくてもご覧いただけますので、ぜひチェックしてください。

▼Twitterはこちら
https://twitter.com/SUNDAYMARCH30

あ!そうでした!今月のブースはカラヤン広場と通路のL字の角辺り、コーヒー屋さんのテントの隣です。
おしゃれなみなさまに会えるのを楽しみにお待ちしていまーす!

▼赤坂蚤の市 in アークヒルズ▼
日時:2018/5/27(sun) 11:00-17:00
会場:アークカラヤン広場
住所:東京都港区赤坂1-12-32
最寄駅:六本木一丁目駅3番出口より徒歩1分
溜池山王駅13番出口より徒歩1分

ズニ族のアーティストElla Giaによるマルチカラーインレイハミングバードネックレス!

今日はオンラインショップにこちらをアップしました。



1950年代後半からジュエリー製作を始めたという大ベテランElla Giaの代表作ともいえるハミングバードデザインのネックレスです。

こちらはズニの村で20年以上トレーディングポストを経営しているM氏(すっかりお馴染)から譲ってもらった一点です。
以前、バングルを買い付けたことがあったのですがネックレスは初めての買い付けです。
かわいいでしょ。
ハミングバードモチーフを製作するアーティストは様々ですが、Ellaの作品はひとつひとつの石やシェルのピースがころんと大きく贅沢に使われているのが特徴的。

商品ページの3枚の写真だけではこの可愛さはとても伝わらないので、
こちらからじーっくりとご覧ください。





注目すべきはオールハンドメイドのシルバーチェーンです。
この歪さがたまらない!









もちろんEllaのサイン入りです。

こちらよりお求めいただけます。
http://sundaymarch30.com/?pid=131678462

今年もやってきました!Zuni Pueblo Main Street Festival

毎年5月に開催されているZuni Pueblo Main Street Festival !!!
第6回目の今年は5/5〜5/6に開催されました。
毎年この時期は買い付けに行くのが難しいので(エアチケ高いもんねー)お祭りの様子はわくわくしながら日本でチェックしています。

今年はジュエリーのコンペティションに加えて、ドキュメンタリー映画の上映や、カントリーバンドの演奏もあったみたいでかなり盛り上がった様子でした!

現地からのレポート!とはいきませんが、SUNDAY MARCH 30では、みなさまが賛同してくださったオリジナルシルバー磨き布の売上全額に、ジュエリーの売上金の一部を加えて寄付することで、今年も参加できました。

↑今年はお祭り会場の案内マップと一緒にSUNDAY MARCH 30のロゴが!
そうそうたるメンバーと一緒にSUNDAY MARCH 30のロゴが並びました。

先日の赤坂蚤の市でトートバッグを並べたSanta fe のジュエリー&フェティッシュショップKESHIを始め、
ズニに新たにできたスーパーマーケットHalona Marketや、
ズニを訪れる度にお世話になっているトレーディングポストなど。
こうやって、今年も寄付できたことが本当にうれしい!

ジュエリーを磨く時間を大切に思って、オリジナルシルバー磨き布をご購入くださる方、
SUNDAY MARCH 30でジュエリーをご購入くださる方、
わたしの暑苦しいほどのズニ愛に賛同いただきありがとうございます。

ズニの大切な伝統や文化がこれからも継承されていくよう、NPO団体 Zuni Pueblo Main Street を通じてこれからもサポートを続けていきます。
この活動が続けられるSUNDAY MARCH 30でいられるよう、背筋をしゃきんと伸ばさなくちゃ。

シルバー磨き布のご購入についてはこちらよりご覧いただけます。
賛同いただけましたらとってもうれしいです。
http://sundaymarch30.com/?pid=109919717

赤坂蚤の市4周年にご来場いただきありがとうございました!次回は5/27開催です。

あっという間に一週間が経とうとしていますが、改めまして4/22赤坂蚤の市4周年にご来場いただいたみなさま本当にありがとうございました。



2014年4月の第一回目から運営メンバーとして関わらせていただいている赤坂蚤の市。
今回が49回目だったんですね。

普段お店を持たず、一人で仕事をしているわたしにとって、4年間通っているアークヒルズはもうホームだよね?
なんて話を運営メンバーのAさんとしていました。

2014年始まった当初は、ヨーロッパ系のアンティーク屋さんが多い中、アメリカ買い付けのインディアンジュエリー屋のわたしはやっぱり異質の存在で、どこか アウェーな空気を感じていました。
(知り合いも全然いないし。。。)
アメリカの話をする人もいなかったんだよなー。

それでもいつの間にか、出店者のみなさんとは買い付け前の「いってらっしゃい」や
買い付け後の「おかえりなさい」が当たり前になり、
主催の森ビルの担当者のみなさんも同じ職場の同僚のように親しくしてくださり、
毎月SUNDAY MARCH 30のブースは楽しそうだねーと言われるほどお客様が一緒に盛り上げてくださるようになりました。

ホント最初はぽつーんとしたブースだったのよ。

今回はオープンの10時から18時過ぎまでずーっとお客様がSUNDAY MARCH 30のブースを盛り上げてくださり大人気店のようなにぎわいでした!

初めてのお客様からは、「ここは人がいっぱいだけど人気店なの?」なんて言われてしまいました。
(何て答えるのが正解だったのか 笑)
毎度言っていることなのですが、赤坂蚤の市に来てくださる方って本当にステキな方ばかり。
○○でこんなもの買ったのよーと見せてくれたり、
○○でこんなものを食べて来たよーと教えてくれたり、
一緒に蚤の市の空間を楽しんでくれていることがとってもうれしい!

わたし自身もこの4年間で赤坂蚤の市でいろいろお買い物したなー。
これは2年くらい前にSOUVENIR de PARISで買ったフランスのお皿にCさんからいただいたおやつを。

そしてこのデザートフォークもSOUVENIR de PARIS。

このかごバッグはImaginaire Boutiqueで去年の夏見つけたもの。

SIRTURDAYで見つけたParabootはオイルを入れてもらいツヤツヤに。

愛情たっぷりのバイヤーが揃う赤坂蚤の市でのお買い物はわたしにとっても月一回のお楽しみなのです。

さて、次回は5/27開催です!
かわいいフェティッシュをたくさん持って行こうかなーと企画しています。

▼赤坂蚤の市 in アークヒルズ▼
日時:2018/5/27(sun) 11:00-17:00
会場:アークカラヤン広場
住所:東京都港区赤坂1-12-32
最寄駅:六本木一丁目駅3番出口より徒歩1分
溜池山王駅13番出口より徒歩1分
12345>|next>>