Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Archives

Categories

Search


ニューメキシコ州ギャラップにかつて存在したTobe Turpen's Indian Trading Co.のお話

明日オンラインショップにアップするリングはニューメキシコ州ギャラップのトレーディングポストにて見つけたかなり古いチップインレイのリング4点です。

 

このリングにはどれもTTというホールマークが入っていて、このマークが気になり調べてみることに。

 

トレーディングポストのオーナー曰く、このTTというのはアーティストのホールマークではなく、かつてギャラップの町にあったTobe Turpen'sというトレーディングポストのオリジナルプロダクトとして使っていた刻印ではないかとのことでした。

 

たしかにこういうホールマークがあるんです。

アーティスト個人のものではなく、お店の名前や団体名のホールマーク。

過去にランニングベアというトレーディングポストのオリジナルプロダクトの”RB"アイテムを買い付けたことがありました!

おぼえている方いるでしょうか?

 

さて、調べるぞといろいろ資料を集めだしたら面白くって、気づいたら数か月が経過していました。

(これだからオンラインショップに登場するまでの道のりがいつも長い!)

 

Tobe Turpen's創業はなんと1939年。

創業者のお名前はTobe Turpen sir.

親族のトレーディングポストを手伝うところから始まり、ナバホ語を話すインディアンたちとのコミュニケーションは当時はかなり困難でそれはそれは大変な苦労があったようです。

1946年には、子供のころから父の仕事を手伝っていたというTobe Turpen jr.がお店に立つようになり、1956年にはお父様からオーナーを引き継いだとのこと。

1940年代〜50年代には撮影で訪れた映画スターたちがナバホラグやジュエリーを買いに来たんですって。

俳優時代のロナルドレーガン、マリリンモンローやジェームズスチュワートを接客したエピソードはいまだに語り継がれているのです。

閉店後も売れっ子スターたちのためにお店を開けて買い物に付き合ったんですって。

 

ハリウッドスターたちの影響もあり、1960年代には全米でのインディアンジュエリーの大ブームが巻き起こったらしいのです。

そしてこのブームは1970年代後半まで続いたそうです。

当時Tobe Turpen jr.と一緒に経営に加わっていた従弟のJim Turpenは過去のインタビューで、一日にスカッシュブロッサムが100点売れる日もあったと答えています。

ひゃひゃひゃくてん。。。今では想像もつきません!

そして、その当時はTobe Turpen'sに30人ものナバホのアーティストが専属でいたとのこと。

その時ナバホの人たちが使っていたホールマークこそがこの”TT”なのです。

今のように日々ナバホやズニのアーティストが持ち込むジュエリーだけでは、供給が間に合わなかったことが伺えます。

 

ナバホ族のアーティストTommy Singerがチップインレイの技術を確立したのがこの頃(1970年)と言われているので、おそらくこの年代で間違いないでしょう。

 

そして、1970年頃フリーウェイの建設のため、最初のお店は立ち退かなくてはいけなくなり、ギャラップの南側へお引越し。

移転先の住所を調べていた時のこと。

「あれ?この住所…今は違うトレーディングポストがあるところだ」

地図を照らし合わせてみると、わたしが昨年12月バルーンラリーのチケットをいただいたトレーディングポストの位置とぴったり合うのです。

 

そこでいろんな点と点がつながりました!

現在この住所にあるのは、Perry Nullトレーディングポストで、オーナーはPerry。

(昨年12月わたしにバルーンチケットを手配してくれた人)

 

1972年に引越ししてからTobe Turpen'sは1990年代半ばまで今の場所でトレーディングポストを続けていたとのこと。

1990年代半ばにはこの建物のまま、オーナーがTobe Turpen jr.からPerryへ交代。

今現在はPerry Nullトレーディングポストと名前を変えてギャラップの町で営業を続けています。

 

偶然手にすることができたチップインレイのリングのホールマークから、そのルーツを探り、本を読み漁り、インタビューの記事を探し、2時間以上のインタビューの音声を見つけ、古い地図を調べ、写真を手に入れ、昔の映画を観てはギャラップの町を訪れたスターたちに思いを馳せ、今とってもPerryに会いたくなっています。

 

当時の時代背景も含め、先人たちの大変なご苦労があって今日のジュエリーがあるんだなと改めてインプットできたような気がします。

このリングが作られた1970年代、華やかで賑わっていたギャラップの町を思うとこの後訪れる1980年以降のブームの衰退が恐ろしいのですが、その後大量のフェイク品が流通することにつながるんですよね。

その話はまた別の機会に改めて。

 

ホールマークTTの入ったチップインレイのリングは9/27(SUN)11:00〜オンラインショップに登場します!

https://sundaymarch30.com/

ズニ族のアーティストDerrick & Nichelle Edaakieによるマルチカラーインレイ鳥ペンダントトップ7点

9/27(SUN)のひとりオンライン蚤の市で初登場するのはこちら!

ズニ族のアーティストDerrick & Nichelle Edaakieによる鳥シリーズの大きなペンダントトップです。
以前ブログに書いたことがありましたが、2007年に不慮の事故でNichelleが亡くなり、今後手にすることができないご夫婦の共作のペンダントトップはニューメキシコ州ギャラップでトレーディングポストを経営している友人から譲ってもらい手にすることができました。


このサインは彼らの後期の作品のもののため、製作は2005年頃ではないかとのこと。
長年非売品として隠し持っていたんだけどね...とショーケースの中から出して見せてくれたこのペンダントは、
コロナの影響でトレーディングポストの経営が困難になり半年以上閉業状態が続き、今なら譲ってもいいかなとわたしに託してくれたものです。

過去に買い付けたことがあるのは夫Derrickの作品のみ。
ハミングバードやロードランナーのまわりにターコイズやコーラルのインレイがされているこのデザインは、Derrickのご両親Dennis & Nancy Edaakieから見事に受け継いだものですが、現在ではほとんどお目にかかることができなくなってしまった伝統的なズニのスタイルです。
こちらは製作直後から誰の手にも渡らずに大切に保管されていたデッドストックのためコンディションも抜群!

 

これまでのSUNDAY MARCH 30であれば、これを全部買います!なんて言えなかったかもしれません。
ただ、次回会いに行った時にこのトレーディングポストが存在するかどうかも分からないほど現地の逼迫した状況を知っているので、迷わず7点譲ってもらいました。
この状況でなければ、わたしに順番が回ってくることもなかったであろう大変貴重なDerrick & Nichelle Edaakieの鳥シリーズ。

薄手のハイネックのニットや、カットソー、もこもこのフィッシャーマンニットに合わせてつけたいこれぞズニ!と言ったハイクオリティのペンダントトップです。


こちらは9/27(SUN)11:00〜オンラインショップに登場します。
https://sundaymarch30.com/

9/27はひとりオンライン蚤の市を開催します!

恒例となりましたひとりオンライン蚤の市(vol.7)今月も開催します。

↓ハスさんからのお花も届きました!


今回も強い意志を持ってステイホームしつつ、気分だけは屋外の蚤の市のつもりでしましまテントを設置し全アイテムをディスプレイしてみなさまのアクセスをお待ちしています。

 

冷静に考えるとクスッと笑ってしまう状況なのですが、これがSUNDAY MARCH 30のいいところでもあります。
7回目ともなるとみなさま慣れてくださったかなと思うのですが、それはこちら側の思い違いで、
「どこで開催していますか?」とか「どうやったら参加できますか?」というお問い合わせをまだまだいただきますので、
ここで改めてこのクスッと笑える「ひとりオンライン蚤の市」についてご説明いたします。

 

元々は、毎月第四日曜日に赤坂アークヒルズにて開催されていた赤坂蚤の市が3月以降コロナの影響で開催中止となり、
毎月楽しみにご来場いただいていたみなさまにステイホームしながらでも楽しんでいただける何かを!とオンライン上で始めたイベントです。
もちろんどなたでもご参加いただけます。

 

オープンの11時には当店のオンラインショップに新商品がずらりと登場します。

それと当時にディスプレイした全アイテムをInstagramのストーリーズに投稿します。
ストーリーズにはオンラインショップにはアップしていない雑貨類も登場しますので、気になるアイテムがありましたらメールにてお問合せください。
(hello@sundaymarch30.com)

 

毎月ひっそりと開催しているイベントですが、ありがたいことにたくさんのお問い合わせをいただいています。
そのため、InstagramのDMや、TwitterのMessageなどではお問い合わせをお受けできませんので、ストーリーズで何か気になるものがありましたら、hello@sundaymarch30.comまでお問い合わせをお願いします。

 

よくいただくお問い合わせの例としては...

・このリングとこのリングを並べて写真を撮ってほしい。サイズ比較を見たい。
・ストーリーズに写っていたこのピアスをオンラインショップで探したけど見つからないから品番を教えてほしい。
・このフェティッシュをもう少しアップで見せてほしい。など

 

今月も現地の友人やアーティスト、トレーディングポストの協力もあり、初めて手にすることができた新作アイテムがたくさん登場します。
事前にいくつかはご紹介する予定ですが、詳細はオンラインショップにアップ後商品ページからご確認の上、よろしければお買い求めください。
今回も事前のお問い合わせは受け付けませんので当日まで楽しみにお待ちくださいませ!


▼ひとりオンライン蚤の市▼
日時:2020/9/27(SUN)11:00〜17:00
会場:当店オンラインショップおよびInstagramストーリーズ
https://sundaymarch30.com/
http://instagram.com/sundaymarch30
お問い合わせメールアドレス:hello@sundaymarch30.com

 
※イベント開催中は送料無料です。
※できる限り簡易包装にご協力ください。
※ラッピングなしのご注文は翌日発送可能です。
※イベント開催中のお問い合わせはできる限りリアルタイムで返信致します。
(お名前をお忘れなく!)

※写真は、今朝ロードバイクで山道を走って来たよと友人が送ってくれたズニの山。

 

ズニ族のアーティストJohn Quamによるターコイズニードルポイントリング

今日はオンラインショップにズニ族のアーティストJohn Quamによるターコイズニードルポイントリングを2点アップしました。


このデザインのリングは初めて買い付けたもの。
彼のホールマークはこのブログでもこれまで何度か話題にしたことのあるカエルです。

以前Arlene Quamの作品だとご紹介したのですが、これが間違っていたことが分かり今回はその経緯をブログに書きますね。
長くなりそうですが、どうぞお付き合いください。

 

彼のジュエリーを最初に買い付けたのは2017年10月ビンテージのリングでした。


このシルバープレートのカエルのホールマークをボブキャットだと思い込み、かわいいかわいいと作品に一目惚れしたのが最初の出会いでした。


それから2年経過し、2019年アンティークショップで石取れしたリングを発見。


ズニで石入れなどの修理をお願いしている友人Marchelleにそのリングの修理を持ち込み、作業してもらっている最中に、ズニの村で偶然見つけた新作のリング。(どれもすべて同じアーティストの作品です)


こちらには同じホールマークが入っていて、その場でズニのトレーディングポストで働くおばちゃまたちに総ツッコミにあい、このホールマークがカエルだということを教わったのです。
(ここまでが2019年4月25日のブログの内容)

 

わたしは日常的に何か調べものをする際は、いくつかの本を辞書のように使っているのですが、ホールマークの本と自分のこれまでまとめた資料を見比べていた時のこと。
元々John QuamとBonnie Quamがご夫婦なのは分かっていたのですが、 ホールマークを調べるとカエル…
JohnのカエルとArleneのカエルが同じ?あれ?これまで知っていたことと何かが違う。。。

ズニの村では似たような名前の人が多くいるので、全てのアーティストについて把握するのは一生かけても時間が足りないと思うほどですが、大好きな作品のアーティストのことは正しく知らなくては!

 

2020年7月のある日、この日はMarchelleのお誕生日だったので、おめでとうのメッセージを送り、ジュエリーについて教えて欲しいことがあると質問をしました。
あのホールマークのアーティストは、Johnなのか、Arleneなのか。

なぜかと言うとArleneはMarchelleにジュエリー製作を教えた先生でもあり実のお母さまなのです。
あの時、石入れをお願いしたリング(↓)がお母さまの作品であれば、修理をお願いした時点で「どうしてわたしのママのリングを持っているのー!」と言うはずなのです。

以前、ズニの村で見つけたArleneのゆらゆらピアスをつけていたら、Marchelleが「わたしのママのピアスよく似合っているわーどこで見つけたのー?」ととっても喜んでくれたことがありました。

 

その時初めてこの2人が母娘だということを知ったのです。


このリング(↓)をMarchelleに見せたところ、これはお母さまの作品ではないとのこと。


そして、お母さまのArleneは2週間前コロナによって亡くなってしまったとのこと。
わたしはなんていうタイミングで質問をしてしまったのだろうと頭の中が真っ白になりました。
「あなたが前つけていた母のゆらゆらピアス絶対に手放さないでね、大切にするのよ」とMarchelleの言葉が刺さりました。

 

気持ちを整理するのに2か月ほどかかり、その間様々な本を探して調べた結果、このホールマークはJohn Quamで間違いなし。
2019年にズニのトレーディングポストで働くおばちゃまたちに聞いた話は、ホールマークについては間違いないのですが、アーティスト名が違ったようです。
というのも、改めて聞いてみたのですが、やっぱりArleneじゃないかという回答だったのです。
トレーディングポストで働く人たちは、製作したご本人から買い取る場合ももちろんあるのですが、多くの場合は家族や親族が持ち込んだものを買い取るので、正確に誰が作ったものかまで確認しないこともあるようです。


この道何十年のベテランおばちゃんたちは、盗品やフェイクなどは断じて買い取らないので、顔を見てQuamファミリーのだれだれ、と分かる人からしか買い取りません。

きっとそこで本人の名前じゃなく持ち込んだ人の名前を教えてくれたのでしょう。

 

一目惚れした作品に出会ったところから、アーティストの特定、裏付けまでとても長い道のりでしたが、途中間違えてお伝えしてしまっていたので、どこかで記載しておかなくてはと思っていた話でした。


本で見たこと、現地で人に聞いたこと、自分の目で見たもの、些細な事でも気になることがあったらまだ表に出すべきではない。
自分の中で正しく理解できたことだけをご紹介すべき。
これは当たり前のことで、SUNDAY MARCH 30を信頼してもらうのにとっても重要なことだと思っています。

前回2019年4月25日のブログでは、不確定なことをそのまま記事にしてしまったことをお詫びします。


今日もズニの友人たちとやり取りしながら、新たな作品を見せてもらい、確保してもらい、教えてもらい、日々学習と体験を繰り返しています。

 

長々と訂正ブログ失礼しました。
今日アップしたこの美しいリングのアーティストはJohn Quamです。

どうぞお手に取っていただけますように!

https://sundaymarch30.com/

ズニ族のアーティストによる様々なブラックの魅せ方

今日はオンラインショップにズニから届いたばかりの新作を3点アップしました。

どれもブラックの使い方が見事で、これぞ大人の女性のためのジュエリーといった作品です。

こういうアイテムをご提案できるようになるなんてSUNDAY MARCH 30もなかなか成長したなーと思ったり。。。

ズニ族のアーティストPhyllis Coonsisに製作してもらったオールペンシェルのクラスターピン。

Phyllisご本人もとっても気に入っているというこちらは2020年8月14日に完成したばかりの新作です。

このピンを製作してもらう際、Phyllisが選んでくれたのがペンシェル。

透明感があり、光が当たる度にレッドにもグリーンにもブルーにも見える不思議な魅力があります。

マルチカラーのクラスターデザインを得意とする彼女らしい単色ではないペンシェルを使ったブラックの表現はお見事です。

 

続いてこちらは、ズニ族のアーティストImogene Ahiyiteによるジェットのフワラーペンダントトップ。

最近ではズニの多くのアーティストが使うジェットですが、オールブラックのImogeneのフラワーは初めての買い付けです。

ブラックオニキスより入手しやすく、比較的柔らかいので製作時に扱いやすいこともありジェットを使ったジュエリーは近年よく見るようになりました。

ズニのトレーディングポストや材料屋さんなどでも買い付けに行く度に見つける素材のひとつです。

そしてこちらは、ズニ族のアーティストBernadette Lateyice Hattieによるジェットのフラワーペンダントトップ。

Bernadetteの作品はシェルやターコイズ、デニムラピスなど様々買い付けたことがありますが、ブラックのジェットもまた美しい!

 

当店でお取り扱いするブラックのジュエリーと言えば、ブラックオニキスやブラックマーブル、近年ではペンシェルやジェットなどアーティストによって何を使うかは様々ですが、これはその時代ごとにニューメキシコやアリゾナ近隣で流通している鉱物や素材によって異なるのでこれがまたおもしろいのです。

 

わたしがインディアンジュエリーに興味を持ちだした20年程前、勤めていたインディアンジュエリーショップで聞いた話。

1950年代頃、物流が今のように安定していなかったのでサントドミンゴ族の人たちはジュエリー製作する際、黒いパーツが必要な時は身近にあるものを使っていたらしい。

車のバッテリーカバーやレコード盤をカットしてインレイしていたと!

 

この話、半信半疑でおぼえていたのですが、15年以上経過したある時、アリゾナ州フラッグスタッフのインディアンジュエリーショップ(もう閉業してしまった)のおばさまが全く同じ話をしてくれたのです。

あ!その話聞いたことある!というと、その時は1940年代だったかな、かなり古いサントドミンゴ族のネックレスを見せてくれてこの黒いパーツは車のバッテリーを使っているのよと。

そして、その当時オニキスなどの高価な鉱物が手に入らなかったから代用したであろう車のバッテリーを使ったネックレスが、今ではかなりの高値が付いて手に入らない!(なんてことだ!)

時代背景も含めてアートなんだなーと妙に納得し、そのネックレスはとても手が出ない価格だったので買い付けには至らなかったのですが、15年近い時を経て答え合わせができたような出来事でした。

この出来事以降、古い本を読み漁るとやはり素材の欄に「car battery」と書いてあることが稀にあり、お!っとなります。

 

2020年現在ではそういう素材をあえて使うことがなくなるほど、流通が安定し、好奇心旺盛なズニのアーティストたちはいろいろ新しい素材を使ってジュエリーやフェティッシュ製作を試みているような気がします。

 

また次回はシルバー925だけじゃなくなっている、という話を書きますね。

つづく。。。

 

 

12345>|next>>