Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Archives

Categories

Search


買付13日目 ニューメキシコ州チマヨへ

今朝は10℃!タオスの朝はとっても寒い。

ここは標高2100メートル(そうか、フラッグスタッフとおんなじくらいなんだ!)

今朝はホテルをチェックアウトして、コーヒーを買いにElevation coffeeへ!

名前がいいでしょ。

カフェラテをテイクアウトして、タオスから南へ。

昨日の大移動を思えば今日はすぐそこまでの移動だけ。

山道を40分くらい運転したらお目当てのクラシックガスミュージアムへ到着。

 

ここすごいのよ。

オーナーが30年かけて集めたお宝の数々は、ロードトリップをしている人にはおなじみのものばかり!

ガソリンスタンドのサイン、ロードサイン、バーガーショップのサイン、信号機、クラシックカーやフリーウェイ沿いのギフトショップにあったであろうかわいいものたち。

 

 

 

 

何十年も昔、わたしと同じようにロードトリップした人たちが使ったのかな、なんて思うだけでわくわくするものばかり!

隅々まで見せていただきタイムスリップしたような気分を味わいました。

ここから更に南に移動して随分久しぶりにチマヨに到着!

せっかくタオスから南下するんだから、チマヨに寄らないわけにはいきません。

三大ウィービングと言われているすべてにお邪魔することにしました。

まず一軒目は、センチネラへ。

二軒目は、トルヒーヨへ。(やっぱりカタカナで書くのは難しいけど、発音はトルヒーヨが一番近い!)

最後にオルテガへ。

 

 

やっぱりウィービングはいいなぁ。

今回はベストではないとーってもかわいいアイテムをそれぞれのお店でセレクトしてきましたので、どうぞお楽しみに。

予想外の買付に大満足でチマヨを離れて、気になっていたフリーマーケット会場へ。

あれ、雨降りそう?

会場到着したらもう既に終わっていた?というか今日やってた?

ほとんどが店じまいしてがらーんとしていました。

やっちまった。。。

今日は早々に引き上げて早めのディナーをメキシカンにしよう!

チマヨの近郊はアメリカというよりほぼメキシコ?という認識なのですが、おそらく間違いなし。

美味しいと評判のこちらへ初めてきました!

 

数日前Amyがエンチラーダをオーダーする時に、red or green? と聞かれてハーフ&ハーフでクリスマスにして、と言っていたのがあまりにかっこよかったのでいつも言っている風にマネしてみました!

(メキシカンレストランでは、チリをレッドかグリーンどちらにするか聞かれるのです)

くーっと声が出るほどおいしかった!

Sopapilla(揚げパン)はハチミツをかけてエンドレスに食べれる。

おまけにアイスティを頼んだら、ラズベリーティーもあるけどどう?とおすすめしてくれて最高。

すべてがおいしいディナーでした。

 

さて、明日はアルバカーキに戻りつつ、気になっている小さな町に寄り道してみようと思います。

 

買付12日目 ニューメキシコ州タオスへ

美味しいパンケーキを食べるために早起き!

アメリカに来ると6時くらいからやってるお店が多くて助かる。

メニューにないアレンジを頼んでみたりして。

そしてやっぱりシートはNO.3を選んじゃう。

今日はファーミントンから東へ200キロ。走る走る走る!

あれ、気づいたらいつの間にかファーミントンの町を出て山道に入ってしまった。

ガソリンは半分以上あるけど、大丈夫?

予定では朝ごはんのあとガソリンを満タンにして出発!のはず。

 

走っても走ってもガソリンスタンドはなし!

それどころかどんどん険しくなっていく。

あれ、ヤバイかも…と思いつつ2時間はそのままでした。

ようやくたどり着いたのは初めてのヒカリラアパッチ族の居留地。

砂漠の中のオアシスとはまさにこのことかと、笑顔で迎えてくれたヒカリラアパッチの人が神々しく見えたのです。

ガソリンを満タンにしてまだまだ東へ!

Tierra Woolsというハンドウィービングのお店を目指します。

ここはいつか来てみたかったラグのお店。

羊の毛を刈って、糸にして、この土地に映えているナバホティーやひまわりなどの植物で染色して、ここで織っているすべてナチュラルでハンドメイドのウィービング!

 

到着ー!!!!!

やったー!いくつもの山を越えてわざわざ来た甲斐がありました。

お店の中に入り、ひとつひとつを丁寧に見せてもらい、工房の奥までぜーんぶ案内していただきました。

(もうわたし何屋かわかんなくなってます)

 

糸を染める釜や、染料となる植物や色の違い、羊の種類や、糸の性質によって織るアイテムが異なることなどを教えてもらい納得。

いくつもの工程があってようやくラグになるのね。

 

このきれいなピンクはコチニール!

 

アボカド染やひまわり染も美しい。

お湯か水か温度によって色の入り方が違うとかとにかく話が面白い。

 

Tierra Woolsでは小さなラグ(コースターと言っていたけどそれにしては大きい)をいくつか買いました。

丁寧に丁寧に作られた小さな町のナチュラルなラグをぜひ手に取っていただきたい!

 

お店の外でおばあちゃんが売っていたお花のビスコッティーはドライブのお供に。

さて、今日はまだまだ道のりが長い!

Tierra Woolsを出て東へ走る走る。

数えきれないほどの羊の群れに出会ったり、鹿の親子がひょっこり出てきたり、本当に楽しいドライブ。

いくつもの山を越えてどんどん標高が上がっていくなと思ったらいつの間にか山頂らしき場所に到着。

さっきまで走って来た道がとおーくに見える!

世界中がぜーんぶ見えるんじゃないかと思うほどクリア。

 

こういう景色が見たくてわざわざ遠回りしてきたんだよなーとうれしくなる!

 

ここから更に東へ130キロ。

タオスに到着!

足元にはリオグランデ河、この橋トラックが走る度に揺れるのです。

 

 

本当はこのビンテージトレーラーのキャンプ場に泊まりたかったのですが今日は満室のため泊まれず。

ここでの焚火はまたいつかの楽しみに取っておこう。

 

この後タオスのダウンタウンをぷらぷら歩いたけど、やっぱり町にいるより山道を走っている方が楽しいなー!

でもちゃっかりI♡TAOSのTシャツははずせない!

今日は本当に刺激的で美しい一日でした。

買付11日目 ニューメキシコ州シップロック〜ファーミントンへ

AM7:00起床。

自己流のラジオ体操第一を元気にしてから、昨日Amyに持たせてもらったアップルパイを朝ごはんにいただきました。

外は17℃!案外涼しい。

さて、今日はぎゅーんと北へ200キロ。

こんな景色の中を150キロ走り、シップロックへ。

日本にいる間、毎日のように地図を見て下見をしていたシップロック周辺は答え合わせをしながら走っているような気分で、お目当てのマーケット、トレーディングポストはどこも最高でした。

シップロックでは何人ものナバホの人たちが、とってもフレンドリーに話しかけてくれて、ナバホランドへようこそといろいろ教えてくれました。

そして、シップロックから東へ50キロ。

5年振りのファーミントンに到着!

2014年のブログを読み返してみると、その時はファーミントンではほとんど買い付けができず、次回は来ないだろうと書いていました。

おいおい!2014年のわたし、ファーミントンに謝れ!!!

今日のファーミントンではとんでもないお宝がしっかり買付できたのです。てへへ。

5年前のわたしはこのお宝たちを見つける力がなかっただけ。

 

そしてこんな素敵な場所も見つけてしまった。(事前に地図上で下見していたのです)

 

美味しいコーヒーが飲めるのかなーくらいにしか思っていなかったのですが、中に入ってみてびっくり。

大きな大きな建物はぜーんぶギャラリーになっていて、手前では編み物教室のおばあちゃまたち、奥では絵画教室のおばあちゃまたちがレッスン中でした。

わたしはホットチャイを飲みながらレッスンの様子をのぞき見。

ひとりの生徒が書いたデッサンを前に出て発表しながら、先生が意見を言ったり、みんなが感想を言ったりしています。

さすがだなーと感心しちゃった!

レッスンが一方向じゃなくてみんなどう思う?っていう進め方なんだー。ほほー。アメリカっぽいなー。

この建物があまりに居心地が良くて住みついてしまいたいほど。

地域の人たちが集まれるこういう場所ってすごくいい!

 

ファーミントンは前回来た時よりもさらに空きテナントが増えているような印象で、実際お目当てのウェスタンアパレルの会社はなくなっていたし、ヴィンテージ古着やさんもなくなっていて、残念。

でも、地域の人たちが集えるこういう場所が新たにできていたことはものすごくうれしかった!

 

さて、明日はこの旅一番の移動日になりそうな気が。。。

ロングドライブに備えてZipper bagにナッツやグラノーラやら準備万端です。

明日はもっともっと東へ進みます。

 

 

買付10日目 ニューメキシコ州ズニ最終日

昨日慌てて予定を組みなおして迎えたズニ近郊にいられる最終日。

(一日計算間違いしていたわたし…)

朝ごはんを食べている時間はなし!

トマトとハムとチーズとオートミールクッキーをZipper bagに入れて出発。

まずは、時計のパーツを買いに行き、

甥っこへのお土産を買いに行き、(姪っこへのお土産は前日に見つけたのでOK!)

お友達の赤ちゃんに会いにいつものトレーディングポストへ、

そしてオーダーを入れていたトレーディングポストへ、

もう一軒ポーンショップにどうしてもほしかったアレを買い足しに行き、

昨日行ったトレーディングポストにもう一度行き、

カンザス州のアートショーから帰ったばかりのPhyllisに会いに行き、

ハロナマーケットでドーナツを買い込み(また!?)

ドーナツを持って修理をお願いしていたClarenceの元へ。

しゃべりすぎて喉がカラカラだったので、いつものレモネード屋さんへ駆け込み、

ぜーんぶ終わってAmyの待ついつものトレーディングポストへ到着したのがPM3:00!

トレーディングポストに到着するとズニの人たちがまた次から次と。

最後の最後までいろいろ買付できてもう大満足です。

今回は余裕を持ってスケジュールを組んだはずが、会いたい人や行きたい場所が増えたこともありやっぱり時間が足りなかった。

 

あ、そうそう、ニコちゃんのジュエリーを製作してくれているMarchelleとは日本にいる時もいつもメールでやり取りしているのですが、身内にご不幸があって製作途中のジュエリーを完成させることができなかったと連絡があったのです。

こればっかりは仕方ない。

ズニに滞在中は、ほんの一瞬しか会えなかったけど元気そうな姿を確認できただけでもよかった。

しっかりオーダーしてありますので、どうかどうかニコちゃんを待ってくださっているみなさま気長にお待ちください。

 

Amyとはディナーの約束をして、ズニから更に北へ60キロ。

M氏の待つギャラップのトレーディングポストまで。

この数日間の食事のお礼を言って、またいくつかジュエリーを買い足し、また冬に会おうねとバイバイ。

お互い泣きまねのジェスチャーをして別れました。(いつもそう!)

 

ディナーはAmyと息子のIくんが来てくれて20年前にAmyがウェイトレスをしていたという歴史あるレストランへ行きました。

 

本当に明日行っちゃうの?って何回も何回も聞いてくるかわいいAmy。

会いに来る度にAmyがどんどん頼もしくなっていて、ズニの人とわたしの架け橋になってくれているのがとってもうれしい。

課題はまだまだたくさんあって、うまくはいっていないけれど、わたし一人じゃできないことを現地にいるAmyたちがいろいろと協力してくれることで少しずつ理想の姿になったらいいなと思うのです。

ズニの人たちにパーカーを配る姿を見てうれし泣きをしていたAmy。

もらった人たちと同じように喜んでくれてありがとう。

ほんの少しずつだけど、ズニの村の姿をいい方向に変えていかなくちゃ、と思っているのです。

うまく言えないのですが、大自然と共存しながら、先祖から継承された大切な文化があって、みんなあたたかくて、それだけで十分なのですが、ひとりひとりがズニの人であることに誇りを持って、もっと豊かな生活ができるようになったらいいなと思うのです。

(今はまだ雇用の問題、アルコールの問題、薬物の問題など様々で)

また来たの?って笑いながら会いに来てくれるズニの人達に、あなたのアート、あなたの作品が必要だからまた来ちゃったよと言うのがわたしの使命だと思っています。

今回も本当に素晴らしいアイテムをたくさん譲ってもらいました。

どうぞ楽しみにお待ちくださいね。

買付8日目9日目 ニューメキシコ州ズニ

この2日間はズニの近郊をあちこち走り回ってたくさんの人に会いに行きました。

今回の買付にはズニの人たちにお土産でアナトミカのパーカーを10着持ってきました。

(10着が重さの限界!)

フードのついたパーカーはズニの人たちが最もよく着ているイメージがあって、これから寒くなって風が強くなる前にプレゼントしたいなと思っていたものです。

せっかくならご縁があってジュエリーを取り扱ってもらっているアナトミカのものをね!

ズニではどこで情報が洩れたのかわたしが来ることを知っていて、到着するや否や車にたくさんの人が集まってくれるのです。

(どうしてなのー?!)

 

いろいろお願いしていたアーティストとの待ち合わせや、修理をお願いしに行ったり、いつものトレーディングポストに行ったり。

移動している間もたくさんのメール、電話、仲良しのトレーディングポストのオーナーからはいろんな人が会いに来てるけど何時に来れる?と連絡があり慌ててUターンしたり。

できたばかりのジュエリーやフェティッシュを持って会いに来てくれるズニの人たちが本当に大好きです。

みんなニコニコでパーカーを受け取ってくれて、こちらがうれしくなる。

この2日間はめずらしく天候が目まぐるしく変化していて、風が出てきたなと思ったら雨がザーッと降ったり、

遠くで雷がピカピカ光っていたり、でも遠くの方は晴れているのが見えたり。

真っ黒い雨雲もぼんやりとしたグレーの雲もその先に見える晴れた空もそういうのも全部ひっくるめて楽しめるようになったというか、お、そうきたか、次はどうなる?みたいな感覚で少しだけ自然と共存できるようになってきたような気がします。

ここでは傘を使う人はいないし、パーカーのフードやハットで雨や風や砂や日差しを避けたりするのが当たり前。

 

と、ここまでブログを書いてカレンダーを何度も見返してみたら、1日計算を間違えていました!

ズニの人たちにいつまでここにいるの?と聞かれて木曜日!と答えていたのですが、明日水曜日が最後の一日でした。

と、いうわけでいろいろスケジュールをギュギュっとしないとここを離れられなくなってしまいました。

あぁ、ノーミスできたと思っていたのにやっぱりやってしまった。。。

 

明日はカンザス州のアートショーから戻ったアーティストたちとの約束がたくさん!

さて、時間をどうやって使おうか。

何としてでも間に合わせなくては!!!

 

 

<<back|<1234567>|next>>