Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Archives

Categories

Search


買付2日目 アリゾナ州ツーソン

朝起きたらこの景色!!!

プールの向こうから太陽が昇ってくるこの瞬間が最高!

朝ごはんを食べてからUberでレンタカーセンターへ移動。

到着するとここもまた!?工事中。

今回のレンタカーは山道が多いのでSUVにアップグレード!

マイGPSをセットしていざ出発!

まずは気温40℃のフェニックスのオールドタウンへ。

サイズ感が分かりづらいのですが、カーボーイの看板もその上のオールドタウンの看板もすっごく大きいのです。

しかし、あまりに暑くて誰も歩いてない。。。

フェニックスのアンティークショップを何軒か回り、そこから南へ240キロ。

いつの間にかフリーウェイの標識がMileからKm表記に変わっていたことに気づく!

お、メキシコが近づいてきたな…というわくわく。(わたしの勝手な解釈)

 

サボテンの山を2時間半走り、アリゾナ州Amadoという小さな町にやってきました。

この町はいつか行こうと決めていた町のひとつ。

1960年代に建てられたというこのレストランは、オーナーが亡くなりしばらくはアートギャラリーとしてオープンしていたようです。

それも随分前のことで、ここ数年は空き店舗のまま取り壊しせずに町のモニュメントのようになっていたとのこと。

今年の春くらいだったかな…何かでこのレストランが新しいオーナーによってリニューアルオープンするという情報を見つけ、これは9月に行くしかない!と即決。

 

このバッファローの口部分からお店の中へ。

これもまたサイズ感が伝わりづらいですが、ものすごく大きいんです!

 

 

わたしが遅めのランチにオーダーしたのはチキンワゴンサラダ(だったかな?)

上に乗ったチリの実のから揚げのおいしいこと。

口がビリビリするほど辛いのに、これがたまらない!

Amadoは小さな小さな町だったけど、お店の人や保安官のおじいちゃんたちが親切にしてくれてどこに行っても優しい人ばかりだった。

 

ここから北へ戻り、ツーソンでアンティークショップを閉店時間ぎりぎりまで回る!

短時間でとんでもないお宝の数々が見つかりました。

一日の終わり、目の前のマウントレモンが夕日に照らされて、あぁー今日もよく走った走った。

気づいたら走行距離は400キロ!

日の出から日没までめいいっぱい動きました。

買付初日 アリゾナ州フェニックスに到着

羽田空港で梅わかめおうどんを食べたのは何時間前だっけ?

羽田空港での動きは毎度同じで、M氏に頼まれたマルボロメンソールを免税店で買って、このおうどんを食べてから搭乗。

機内での食事はパスして映画三昧、Netflix三昧。

 

 

映画の新作はいまいちで、過去に何度も見たテルマ&ルイーズなんかを観返したりして。

こんな波乱の旅にならないようにと思いながら観ていたら、ルイーズがつけている腕時計がズニ族のアーティストのErnest Zunieのものだと気づく!(ナイスわたし)

こうやって映画を楽しんでいる人はどれくらいいるんだろう。

 

LAXで国内線に乗り換えて、今回は1年3か月ぶりのアリゾナ州フェニックスへ。

 

限界まで睡魔と戦っていたら、国内線に乗った瞬間ガクンと寝落ちしていました。

今回も見事に離陸の記憶なし!

LAXからフェニックスまでは約1時間半。

フェニックス空港はどんどん広がってきれいになっていて、どこに到着したのかも分からないほど。

 

キョロキョロしながらUberを呼んで今日のホテルに無事チェックインしたところです。

 

今回の旅はこれまでとは違い同じ町には戻らないので、アンテナをピーンと張り巡らせてその時その時の直感を信じて買い付けしてこようと思います。

今日はしっかり大の字で寝て、時差ボケをリセットして、明日からのロングドライブに備えます。

 

5/8 ニューメキシコ州サンタフェからアルバカーキへ

今朝は6時起き。
中庭の見えるレストランでいただく朝ごはんが楽しみだったのです!
天井からの光がとってもきれい。



まだまだチェックアウトしたくないホテルの周りをうろうろ散歩してからサンタフェの町へ。

事前にチェックしていたアンティークショップ、

ポーンショップ、
ウェスタンショップを回り、



ニューメキシコアートミュージアムへ。



1920年代のズニのセレモニーの絵の前で動けなくなり、じーっとしていたわたしを不気味に思ったのか、
係の人が絵を見ながらいろんなことを教えてくれました。
100年前の絵に描かれているズニはわたしの知るズニと同じ景色で、セレモニーに描かれている人々も同じ。
とんでもなく不思議な気持ちで吸い込まれるように絵を見てしまいました。

とにかくどこにいてもわたしの頭に中はズニのことでいっぱい!
サンタフェの町にいてもズニの人たちのジュエリーやフェティッシュを見つけては、
あ、〇〇のリングだ!〇〇の熊さんいたいた!と常にうれしくなってしまいます。

サンタフェを堪能した後は、日が沈む前に南へ100キロアルバカーキに戻ってきました。

今回の旅は天候にも恵まれ、困った事がひとつもなく、嫌な思いを一度もすることなく毎日わくわくしていました。
ズニではうれしい報告がいくつも聞けてお祝い続きの日々。
これまでの買付の旅をワンランク上にアップデートできたような気がします。

明日の早朝、LA経由で日本に帰ります。
いろいろお待たせしてしまっているみなさまもう少しお待ちください!
今回はお土産を買いすぎました。。。
本当はどれがいいですか?と選んでいただけるようにしたいのですが、オンラインショップにそんな機能がないので、開けるまでのお楽しみとさせてください。

帰国後は、アナトミカ青山でのPOP UP SHOPが待っています。
自信アリのラインナップをどどーんとお披露目しますので、どうぞお楽しみに!

5/7 ニューメキシコ州サンタフェへ

ようやく時差ボケから脱したようで今日はぐっすり眠れました。
ホテルの朝ごはんはパスして、昨日Amyが持たせてくれたバナナやオレンジを助手席に置いて出発!

今日は北東へ330キロサンタフェを目指します。
直行で行けば3時間くらいで行けるはずが、やっぱりそうはいかないのよねー。
途中、ガソリンを入れつつトレーディングポストに寄ったり、

前から行きたかったダイナーWOWに寄ったり。



よくよく考えるとアメリカに来てからまだ一度もダイナーで食事をしていなかった。
ズニにいる間、毎日誰かに食事を作ってもらったり、テイクアウトしたデリを食べていたんだった!
おかげでバランス良くいろんなものを食べられて体調がいい。

結局5時間くらいかけてようやくサンタフェに到着!



まず最初に向かったのは、今回どうしても行きたかったジョージアオキーフミュージアム。



どの作品より、彼女の描いたカチーナを見れたことに大満足。
ギフトショップにはたくさん欲しい本があったけど、重量を考えると帰国してからAmazonかな…

サンタフェのお店は17時〜18時にはどこも閉まってしまうので、残りの時間は町をひたすら歩き回りました。
この買付の1か月前から急に再燃したウェスタンブーツ愛がここへ来て爆発!
ウェスタンショップをはしごしてたくさん刺激をもらいました。
(明日も行くぞ!)

今回サンタフェに来た一番の理由は、今夜の宿”Hotel Santa fe Hacienda & Spa”

このホテルはニューメキシコ州で暮らすピクリス族が経営するホテルなんですって。
本でこのことを知って以来、次回サンタフェに行く時は絶対ここに泊まろう!と決めていました。

ピクリス族が暮らす場所は、勾配の高い山道を越えた奥地にあるので、観光やカジノには向いていないらしい。
しかもどの部族にも共通して言えるのは、自分たちの土地を大切にしている彼らが、観光客のみんな来て来て!というスタンスなわけないよね。
居留地の中に来る人を歓迎しない部族がいることも知っていたので、
観光客が集まるサンタフェでピクリス族の文化に触れる場所を作ったのは画期的!

ホテルの入り口にはtewa語でようこそ(welcome)の文字がありました。

ホテルの中にはあちこちにピクリス族のアートが飾られていて、ミュージアムに泊まらせてもらえた気分。



そもそもわたしはインディアンカジノは反対派なので、こういうピクリス族のようなビジネスモデルは素晴らしいと思う!
ちなみに、本のタイトルをド忘れしましたが、鎌田遵さんの著書はご本人がインタビューし実体験を書かれているのでリアルなインディアンのことを日本語で(ここ大事) 理解できてかなり勉強になります。
アンダーラインを引いて何度も繰り返し読んでいるくらい!
鎌田さんとインディアンの人たちとの距離感もよい。

ああ、こういう体験したことあるけど、誰かと共有したことなかったなというモヤモヤした気持ちは鎌田さんの本を読むと
そう、そう!ってポイントが随所にあって妙にうれしい。
インディアン居留地内での雇用の問題、アルコールの問題、ドラッグの問題、教育の問題…などなど。

こういう胸のぎゅーっとなるような現実を知っているからこそ、このホテルに泊まりたかったのです。
ここの収益はちゃんとピクリス族に還元されて、彼らの土地を守りつつ、文化を広めることができるような仕組みが素晴らしい。

自分が何にお金を使うか、誰にお金を使うかってとっても大事。
サンタフェに来たらまたここに泊まろう!

Hotel Santa fe Hacienda & Spa
1501 Paseo De Peralta, Santa Fe, New Mexico
87501

5/6 ニューメキシコ州ズニ

8:00に朝食の予約をしていたのに、ドアをノックされて目覚めたら8:30!
6:00にセットしたアラームは鳴ったのかどうかも記憶なし。
慌ててダイニングへ出て、寝起きでブレックファーストブリトーをいただきました。

ズニの近郊にいられるのは今日が最後。
日曜日はどこもお休みだったので、待ちに待った月曜日!

今日はスケジュールがぎっしり詰まっています。

zuni wood workingで新たにオーダーしたものを受け取り、
サイズを間違えて買ってしまったブーツは12歳のレディに受け取ってもらい、
2日前に会えなかったGinaに会いに行き、
ガソリンを満タンにして…
こんな調子で分刻みのスケジュールを次から次とクリアしていきます。

もうすぐ母になるAshleyに会いに行く前に、スーパーマーケットの入り口にあったチューリップを思い出し、
従業員のみんなに手伝ってもらい即興でブーケ!とはいかなかったけど、 改めて結婚と妊娠のお祝いを!

こんな風に飾ってくれてありがとう。

ここから北へ50キロ移動し、
時計のパーツを探し、
いつものポーンショップを数軒回り、
甥っこリクエストのおもちゃを無事にゲット。

約束の時間にM氏のトレーディングポストへ行き遅めのランチをいただきました。



これまでなら”お客さん来ないねー”なんて言いながらのんびり過ごす日があったのですが、
今回は全くそんな時間なし!
M氏がちょっと寂しそうで申し訳なかったなー。

ここから急用でまた南へ50キロズニへ戻ることに!
滞在時間5分?くらいで用事を済ませ、また北へ50キロ。

今夜はさすがにデスクワークしないとなーと思っていたらAmyからディナーができているわよーとお誘いがあり。。。
たまりに溜まった洗濯物を回している間、Amyお手製のラザニアをいただきしゃべるしゃべるしゃべる。
本当によくしゃべったわたしたち。
いくら時間があっても足りないくらい!

何とか今日の予定をクリアしてホテルに無事チェックイン。

もう大満足の買付が終了した気分ですが、明日は勉強も兼ねてSanta feへ!
ここから330キロ北東へロングドライブです。
<<back|<123456789>|next>>