Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Archives

Categories

Search


商品の購入をしなくても新規会員登録できるようにしました!

5/24は”無観客ひとり赤坂蚤の市”に全国各地から参加いただきありがとうございました!

新しいイベントの形もいろいろと考え直さなくてはいけないな…と思いながら、手探りで始めたオンライン蚤の市。

ここ数か月、新たにSUNDAY MARCH 30を知ってくださる方が増えまして、この蚤の市も水面下で盛り上がってくださる方が大勢いらっしゃりありがたい気持ちでいっぱいです。

そこでですね、今回の蚤の市でも反省点がいくつかありまして、すぐにでも対応できるところはアップデートしなくては!とブログを書いています。

 

5/24 11:00ドキドキしながらスマホ片手に新商品のアップを待っていてくださったのに、購入に至らなかった方が何名もいらっしゃったのです。

SUNDAY MARCH 30で取り扱うアイテムはほとんど一点もののため、どうしてもこういうことは起こり得るのですが、カートに入れて、住所等をご入力している間に買えなくなってしまった(売り切れた!)というケースがあったとのこと。

システム上どうしようもない部分もあるのですが、何か策はないかと考えました。。。

 

当店では会員様向けのサービスは全くおこなっていません。

メールマガジンもありませんし、このブログが全てです。

また会員様向けの商品、会員様だけの特別価格、セールもありません。

 

過去にお買い物をしてくださった時に会員登録をしてくださった方は、次回以降ご住所等の入力の必要がなく、お買い物履歴が閲覧可能、というくらいでしょうか。

お客様ご自身にはこれと言ったメリットはないように思っていました。

 

しかし、商品の購入をしたことがなくても新規会員登録できるようにしてほしいという貴重なご意見をいただき、今回の蚤の市の反省点も踏まえ仕様を変更致しました。

 

手順は至ってシンプルです。

PCの場合はTOP画面右上の「会員ログイン」を選択。

スマートフォンの場合はTOPページを一番下までスクロールし「マイアカウント」を選択。

 

するとマイアカウントページが表示されますので、左上の「新規会員登録はこちら」を選択。

登録メールアドレスを入力し、そのアドレスに届くURLから各項目を登録して完了です。

新規会員登録をしていただくことで、新しいお客様もいつものみなさまもできるだけ同じ条件でお買い物を楽しんでいただけたらうれしいです。

少しずつですが、アップデートしながら使いやすいお店作りをしていきますね。

どうぞ引き続きお付き合いください!

https://sundaymarch30.com/

 

 

 

 

ズニ族のアーティストPaula Lasilooによる1988ビンテージマルチカラーインレイねずみくんスカッシュブロッサムネックレス

今月の”無観客ひとり赤坂蚤の市”にはこんなお宝アイテムが登場します!

ズニ族のアーティストPaula Lasilooによる1988年製作ビンテージマルチカラーインレイねずみくんスカッシュブロッサムネックレスです。

これは待っていてくださった方がいらっしゃるんじゃないでしょうか。

今日はこのスカッシュブロッサムネックレスをお披露目できるまでのお話を書こうと思います。

 

SUNDAY MARCH 30で買い付けてくる30年以上前に製作されたビンテージと言われるアイテムについては、できるだけそのルーツを調べ、アーティスト、技法、デザイン、時代背景、石の産地など理解した上でご紹介したいという思いがあります。

わたしにとって、古いものを知ることは今ズニやナバホを訪れる度に迎え入れてくれるアーティストたちの先祖について知るということで、結果現在の彼らとつながることができる気がするのです。

頭の中で現在と過去をつなぐ作業をしているイメージでしょうか。

 

ほかの古いものを扱うインディアンジュエリーショップとは少し違うかもしれませんが、わたしは今の彼らを知りたくて古いものを探すようになりました。

単純に古いものが好きとか、古いものに惹かれるとか、そういうことではなく…

 

ズニ族のアーティストたちがキャラクターもののインレイジュエリーを製作するようになったのは1972年頃から始まったという話は以前のブログでも書いたと思います。

それぞれの年代のキャラクターの作品はこれまでもいくつか買い付けたことがありましたが、2018年6月だったかな、アリゾナ州フェニックスにあるハードミュージアムに行った時のことです。

 

その時はズニのジュエリーの展示コーナーがあって、そこで館内のスタッフの方に許可を取って写真を撮らせてもらったのがこちら。

一見、Paula Leekityの作品に見えたこのジュエリーのアーティスト名はC.P. Lasilooと書いてありました。

作風がとっても似ているけど違う人か…と気になって2年近く経過。

 

以前から買い付けに行く度にキャラクターもののアイテムを探していたわたしに、アルバカーキのアンティークディーラーから連絡がありスカッシュブロッサムネックレスを譲ってもらうことになりました。

ディーラーいわくアーティストはPaula Lasilooとのこと。

無事にスカッシュブロッサムネックレスを送ってもらい、シルバー磨きで掃除をしながらふと2年前ハードミュージアムで見たこの作品を思い出したのです。

ハードミュージアムにもピノキオのこのコオロギいたな…

作品はどう見てもPaula Leekityなんだよな、でもあのハードミュージアムにはC.P. Lasilooと書いてあった。。。

 

どうしても気になり、ズニにいるわたしの先生にこのことについて尋ねてみました。

すると、Paulaは若い頃に結婚していた時期があって、その時の名前はPaula Lasiloo

旦那さまのCarlosは若くして亡くなってしまい、その後Paulaは旧姓のLeekityに戻ったらしい。

 

そういうことだったのか…

ハードミュージアムに飾られていたのは1985年に旦那さまと連名で製作した作品だったからC.P. Lasiloo

わたしが今回手にできたスカッシュブロッサムネックレスは1988年製作だからPaula Lasiloo

で、現在わたしが買い付けることができる現行品はPaula Leekity

どれも同一人物だということが理解できました。

 

このネックレスの先端ナジャ部分はねずみくんカップルがかわいく手をつないでいて、裏には製作の日付が入っています。

"12-10-88"製作は1988年12月10日。

 

サインが入っているのが見えるでしょうか。

ひとつひとつのピースにもPLのサインが入っています。

 

 

 

 

 

 

フックの部分は丁寧にカーブされたパーツが使われていてアーティストのこだわりを感じます。

 

 

 

 

 

全体の長さは約80センチでこれまで取り扱ったスカッシュブロッサムネックレスの中では一番長いかもしれません。

中央のねずみくんカップルは縦横約5センチ、それぞれのキャラクターも4センチ〜5センチのためそりゃ長くなりますよね。

今回オンラインショップでお取り扱いするのはどうかな、と思ったりもしたのですが、

(だってハードミュージアムに展示されていたものよりこのネックレスの方が豪華だなんて…)

このネックレスは1988年に製作されたものとは思えないくらいとにかくコンディション抜群なのです。

ビンテージのアイテムの場合は特に、少しでも気になる箇所があるものはオンラインショップにアップしないようにしています。

石の欠けやシェルの濁り、シルバーの歪みなどはわたしにとってはOKでも、なかなかお客様には提案しづらいのですが、

これにはそういった不安要素が一切ないのです。

自信を持ってこのツヤ見てください!と言いたくなる美しさです。

 

オンラインショップでの販売開始は5/24 11:00〜

価格は280,000円+taxです。

 

この大変な状況の中、みんながわあー!と目がハートになってしまうようなお宝アイテムをご紹介したいなと思っていたので、

いいタイミングでわたしの中の謎が解け、正しく理解した状態でご案内ができてうれしいです。

ねずみくんとねずみちゃんのカップルが手をつないでいるのが何とも心に刺さります。

どんな状況にも必要なのはやっぱりユーモアと愛だ!と思わせてくれるスーパースペシャルな作品です。

https://sundaymarch30.com/

 

 

 

 

5/24は無観客ひとり赤坂蚤の市をオンライン上で開催します!

今月も懲りずに開催しますよー!

毎月第四日曜日に赤坂アークヒルズで開催していた赤坂蚤の市は今月も中止、ということで”無観客ひとり赤坂蚤の市”やります。

(いまいち名前が定まらないですね…)

 

今月も赤坂蚤の市と同じく11時オープンです。

全国どこにいてもみなさま同じ条件でおうちから楽しんでいただけるように、新商品は11時に当店オンラインショップTOPページに登場します。

また、オンラインショップに登場していないジュエリー以外のクラフト類は当店Instagramのストーリーズにじゃんじゃんアップしますので、気になるものがありましたらその都度メールにてお問合せください。

hello@sundaymarch30.com

 

実は先月は予想以上のお問い合わせ、ご注文があり、若干混乱しましたので、ここでわたしからのお願いをまとめますね。

 

オンラインショップにアップする前のアイテムについてのお問い合わせはお控えください。

今後こんなものは入荷しますか?とよく聞かれるのですが、入荷前情報を特定のお客様に先にお伝えすることはしていません。

これはみなさま同じ条件でわくわくしながらお買い物を楽しんでいただきたいという思いがあるからです。

アーティストが新たなアイテムを製作してくれている様子や、こんなものがもうすぐ届きます、といった最新情報はTwitterにて毎日発信しています。

できるだけうるさくならないように気を付けますので、最新情報をキャッチしたいと思って下さる方はTwitterにてチェックをお願いします。

 

https://twitter.com/SUNDAYMARCH30

 

また、商品についてのお問い合わせやベルトのお問い合わせなど、”ひとり赤坂蚤の市”開催中でなくても回答できるお問い合わせも多数いただきました。

普段から商品に関するお問い合わせはオンラインショップ内のお問い合わせフォームより随時受け付けていますので、5/24に合わせていただかなくても大丈夫です!

 

では、準備の整ったものから順番にご紹介してまいります。

まずはこちら、ズニ族のアーティストPhyllis Coonsisによる新作、かなりめずらしい単色のナジャ3点です。

大人っぽいカラーが美しいレッドスパイニーオイスター。

 

こちらは、初めて見るクリアなブラックが美しい大人のペンシェル。

 

そしてこちらはさすがPhyllisとうなってしまったオールビズビーターコイズ。

 

サイズは縦横5センチ弱とボリューム感たっぷりです。

レッドスパイニーオイスター、ペンシェルは30,000円+tax

ビズビーターコイズは40,000円+taxです。

 

3月からこの”無観客ひとり赤坂蚤の市”を始めたのですが、お客様からは参加したけど購入することができなかった、とのお声もいただくようになりました。

もちろんみなさまに楽しんでいただくことを前提に企画しているのですが、11時ぴったりにカートに入れたにも関わらず購入できない方もいらっしゃったと聞いて大変申し訳なく思っています。

お客様からは、買えなかったじゃないのー!と言われたわけではありません。

本当にみなさま優しい方ばかりで、何度かトライしたけどご縁がありませんでした。。。という言い方をして教えてくださいました。

 

いつもSUNDAY MARCH 30を気にかけてくださり、赤坂蚤の市にも頻繁に会いに来てくださったり、オンラインショップを普段からご利用してくださっているそういう方たちをしょぼんとさせてしまったな…と反省しています。

5/24に間に合うといいなーと5月初旬に現地のアーティストの元を出た便でまだこちらに届いていないものがまだいくつもあります。

もちろん5/24みんなでオンライン上でつながっていただけたらこんなに楽しいことはないのですが、この後もまだまだ新作が届きますので、もしも今回も欲しいものが購入に至らなかった場合も引き続きチェックしていただけるとうれしいです!

SUNDAY MARCH 30初のアイテムがまだまだ届きます、どうぞお楽しみにー!!!

 

▼ひとり赤坂蚤の市▼

日時:2020/5/24 11:00〜17:00

会場:SUNDAY MARCH 30オンラインショップおよびInstagramのストーリーズ

お問い合わせ:hello@sundaymarch30.com

 

※新商品のアップは11時〜とさせていただきます。サイズなど商品詳細はオンラインショップにてご確認ください。

※開催期間中のご注文は送料無料です。(今回は17時で締め切ります)

※Instagramのストーリーズにアップするアイテムで気になるものがありましたら、メールにてお問合せください。

可能なかぎりリアルタイムで返信致します。

 

 

 

 

 

 

 

1970年代から引き継がれたデッドストックが2020年4月に完成しました!

つい先日のこと、ズニ族のアーティストPhyllis Coonsisとやり取りしていた時、ふと気になったものが目に入り「Phyllisこれは何?」と聞いてみると、

「これは叔父と叔母が1970年代に製作していたジュエリーを譲ってもらったもの、まだ完成させていないんだけどね」

と教えてくれました。

Phyllisのお母さまの実の弟ご夫婦、Byron & Ceserita Nastacioはとっても腕のいいジュエリーアーティストだったんですって。

奥さまのCeserita Nastacioが7年前に亡くなった際、これまでジュエリー製作で使っていたツールを姪であるPhyllisに託してくれたらしい。

その時に製作途中だった美しいシルバー枠のみのペンダントトップがこちら。

明らかに現行品ではないツイストロープのレースのようなデザインのペンダントトップ。

ズニの美しいプチポイントやクラスターデザインに欠かせないスティックも一式全部Byron & Ceserita Nastacioのものを受け継いだそう。

無茶なお願いだと分かっていたけど、恐る恐るPhyllisに「この1970年代のペンダントトップを完成させる気持ちはある?」と聞いてみました。

Phyllisからは即答でもちろんYES!と。

「せっかくだからPhyllisらしくマルチカラーで仕上げてほしい、きっと叔母さまのCeserita Nastacioもそういう思いでPhyllisに託したんじゃないかな」と伝えました。

 

ズニから一番近い町ギャラップがホットスポットとなってしまい、町への買い出しはリスクがある状況、もう何週間も前からズニでは門限が設定されていて、朝5時〜夜8時までの行動制限付き。

ズニでは親子孫と三世代で暮らしている人たちが多い中、ひとり暮らしのPhyllisが心配でまめに連絡を取っているのですが、

いつ連絡しても”ジュエリーが作りたくて仕方ない!”と製作意欲にあふれている彼女からはパワーを感じずにはいられません。

 

叔母さまが亡くなってから7年間は手を付けていなかったこのペンダントトップは、今だからこそ完成させようと思ってくれたのかもしれません。

元々シルバーの裏側は何も付けられていなかったので、チェーンを通すベイルとピンを付けて2WAYに仕上げてもらいました!

 

 

 

1970年代のデッドストックを見事に現代に蘇らせてくれたスペシャルなペンダントトップ&ピンは2点のみ。

当たり前ですがもう二度と出会えない作品です。

ビンテージも現行品もどちらの魅力も兼ね備えたスペシャルな作品はぜひこの機会に手に取っていただきたいアイテムです。

https://sundaymarch30.com/

 

SUNDAY MARCH 30オリジナルレンジャーベルトFOR MENSサンプルが完成しました!

以前からお問い合わせをいただいていましたメンズのレンジャーベルトのサンプルが完成しました!

当店でこれまで製作したベルトは全てレディース向けのもの。

骨盤にあたっても痛くないように分厚い革を削いでもらったり、女性用パンツのベルトループサイズに合わせて細く仕上げてもらったり、”かっこいい”より”華憐でしなやか”を優先したベルトばかりです!

このレディースのベルトを気に入ってくださり、奥さまやパートナーにプレゼントしてくださった男性のお客様より、僕らのも作ってよー!とリクエストをいただいていたのです。

赤坂蚤の市にご来場いただいたり、(3月末まで店頭に立っていた)アナトミカ青山店に会いに来てくださったり、「女性のためのインディアンジュエリー」と言いながらも、柔軟な感性でご自分用のジュエリーを選んでくださる男性のお客様が増えたのも事実でして。。。

さて、困ったな、と思っていたところでした。(内心喜んでいます!)

 

というのも、現地でもベルトのアイテム自体が少なく、なかなかこれだというものに出会えないのです。

基本的には男性向けと言っているのはレンジャーベルトについてで、これまで細く仕上げていたベルトを正面からサイドにかけて幅を広げていきうしろは3センチ幅になっています。

こちらはサンプルのため販売はしていませんが、バックル、ベルトループ×2、剣先、の4ピースバージョンです。

ベルトループと剣先の間あたりが2センチ幅から3センチ幅に広がっているのが分かるでしょうか。

 

ベルトを伸ばして置いた時に両端は細く、中央は太く、ウェスタンベルトタイプに仕上げています。

ドロップ型のベルト穴もSUNDAY MARCH 30のレンジャーベルトの特徴です。

 

 

4ピースの場合はベルト先はこんな感じに仕上がります。

3ピースの場合は革をカット加工して仕上げます。

ちなみに参考までに、こちらはレディースのレンジャーベルトサンプル(私物です)

バックルの幅のまま1.4センチ幅の細いベルトに仕上げています。

 

男性のお客様でレンジャーベルト待っていました!という方がいらっしゃいましたら、まずはメールにてご連絡ください。

hello@sundaymarch30.com

リクエストいただく際は、オールターコイズのもの、マルチカラーのもの、現行品がいい、ヴィンテージがいい、などできるだけイメージを教えていただけると助かります。

既に数名お待ちいただいているみなさまには、これだ!というパーツが手に入りましたら、現行 or ヴィンテージ問わずこんなのいかがですか?とご提案させていただきます。

 

ベルトについては一点一点職人さんの手で仕上げていただくため、以下の項目の計測を事前にお願い致します。

1.ベルト全体の長さ

2.バックルからベルト穴の位置

3.ベルト穴の個数

 

販売価格はレディースと同じくおおよそ68,000円前後になります。

お急ぎのリクエストにはお応えできませんが、ゆっくり待ちまーすという方のみよかったらご連絡ください!

 

 

 

<<back|<12345678910>|next>>